あなたにとって
本当に必要な保険は?

20代30代向けの保険にはどういうものがあるの?

保険が必要なのは分かっていても、あまりにも多彩な種類が販売されているため、何を基準に選んだらいいのか分からないまま、保険の営業マンの言いなりになって加入しているケースは少なくありません。特に20代や30代くらいの独身の方や、会社と契約のある保険会社から言われるままに加入してしまった方は、本当に必要な保険に入っていないこともあります。保険は年齢によって、また家族構成によって必要なものが変わってくることを覚えておきましょう。

独身時代には、大きな死亡保障は不要です。この時期に最も必要なのが医療保険です。独身でまだ20代や30代のサラリーマンの場合には、お金があまり貯まっていないことが考えられます。このときに何かしら大きな病気に見舞われて入院すると、治療費の負担に耐えられない危険性があります。仕事に支障をきたす可能性もあります。こういったリスクに対処するために入院保障つきの疾病保険に加入しておくといいでしょう。医療保険にも多彩な種類がありますが、若い独身の方には、いわゆる掛け捨ての終身医療保険がいいでしょう。還付金がない代わりに保険料が安く抑えられており、あまり負担になりません。保障が生涯続き、保険料も契約時のまま上がりません。若いうちに加入しておくと、安い保険料のまま保障が継続します。

若い独身のサラリーマンの方にお勧めする医療保険ですが、できれば将来のためにがん保険の特約が付いているものがいいでしょう。がんは今でも治療費のかかる病気のひとつで、しかも現在の医療では治療次第で充分に治る病気です。かつてのように不治の病ではありません。ただし、がんの治療は公的な保険のきかない治療も多くあり、医療費が莫大なものになる場合があります。こういった場合に備えて、がん特約のついている医療保険の掛け捨てのものに加入するといいでしょう。日本は公的な医療保険制度が充実しており、医療も最先端です。とはいえ、保険のきかない治療薬などもあるため、いざというときに備えて医療保険に加入しておきましょう。